2015年02月08日

栃木県の新星☆プレミアムいちご“スカイベリー”

2015年1月30日(木)雪
 
栃木県のいちごの収穫量は26,000tで実に昭和43年産から平成25年産まで 46年連続日本一を誇っています。とちぎのいちごと言えば“とちおとめ”が有名ですが、今年度から栃木県のプレミアムいちごとして新星☆“スカイベリー”が本格出荷となりました。
まずは、その大きさとスタイルと綺麗な色をご覧ください。
IMG_9495.jpg

写真では分かりにくいのですが、五百円玉と比べるとその大きさが理解できると思います。
IMG_9499.jpg

IMG_9503.jpg

以下解説は、栃木県HPからの抜粋です。
極めて大果で、25g(3L)以上の割合が約2/3を占め、揃いが良い。
果形はきれいな円すい形で、果色は明るく色鮮やかで光沢があります。
果実は甘味と酸味のバランスが良くまろやかで、優れた食味です。
また、なめらかでジューシーな食感と独特の芳香が特徴です。

スカイベリーの名称は「大きさ、美しさ、おいしさ」の全てが大空に届くような素晴らしいいちごという意味が込められており、本県にある百名山の一つ「皇海山」(すかいさん)にもちなんでいます。
特徴は、極めて大果で、25g(3L)以上の割合が約2/3を占め、揃いが良く、果形はきれいな円すい形で、果色は明るく色鮮やかで光沢があります。果実は甘味と酸味のバランスが良くまろやかで優れた食味で、なめらかでジューシーな食感と独特の芳香が特徴で、実際とても美味しいいちごでした☆♪

東京でも本格出荷にあわせPR活動が行われているようです。
東京に通勤しているパパが池袋メトロポリタンプラザビル1F自由通路で行われているイベントをスマホで撮ってきてくれたので見てね〜☆
このイベントは関東甲信越静が協力して行っている観光物産展のようでしたが、栃木県のブースではスカイベリーを東京の百貨店と比較するとかなりの格安で販売していました。
2015_0130_120101-IMG_20150130_120101.jpg

2015_0130_120050-IMG_20150130_120051.jpg

パパもとりわけ大粒のスカイベリーをお土産に買ってきてくれたよ〜☆
2015_0130_232734-IMG_20150130_232735.jpg

イベントでは各県のゆるキャラも登場。
まず栃木県のスター“とちまる”くん☆
2015_0130_123355-IMG_20150130_123356.jpg

ゆるキャラグランプリ2014優勝のお隣群馬県の“ぐんまちゃん”
2015_0130_110732-IMG_20150130_110737.jpg

みとちゃんと水戸の梅むすめ。
2015_0130_123515-IMG_20150130_123516.jpg

2015_0130_134712-IMG_20150130_134712.jpg

その他大勢(笑)。
2015_0130_110040-IMG_20150130_110041.jpg

パパが買ってきてくれたお土産のスカイベリーを早速いただきました。甘くてジューシー、とっても美味しかったよ〜☆♪
そうそうスカイベリーの名前が決定したのは世界一高い電波等として東京スカイツリーがオープンした時と同じ年。名前も“スカイツリー”と“スカイベリー”の名称がシンクロしているようですね(笑)。
IMG_9698.jpg

栃木県の農家の方々が丹精込めて作られた“スカイベリー”、皆さんもぜひご賞味してみてくださいね(≧∇≦)ノ彡
2014_1203_142228-IMG_20141203_142229.jpg

2014_1203_142728-IMG_20141203_142729.jpg

てな訳でスカイベリーの紹介ばかりでしたが、るい、さくらが登場しないのは寂しいので雪が降った翌日、るい、さくらとわんぱく公園でお散歩した写真を1枚だけUPしました。詳細は次回を見てね☆
IMG_9676.jpg

ニックネーム るい at 15:40| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 スカイベリーが「とちぎi27号」と呼ばれていた頃、「愛香姫」という名称で!と県に応募したのを思い出しましたよ♪
 ちょうど、東京スカイツリーがオープンした年でしたね。愛パパの応募が採用されていたら、「愛香姫」で都内の観光物産展でPRされていたかもしれませんね(笑)。
 当時は、あまおうの福岡県に全国1位の座を脅かされてかなりの危機感があったと記憶しています。とちおとめの後継品種として開発されたのが、スカイベリーだったと。とちおとめの酸味がいい人もいるし、ケーキやデザートにはとちおとめの酸味が合うらしいので、まだとちおとめが主役かもしれませんね。
 昨年、ハウスの中でイチゴの写真を撮りましたが、緑に中に赤と白の宝石があるような感じでした。

 各県のゆるキャラも可愛いですね♪
 ちなみに我が家の玄関は、ぐんまちゃんの縫ぐるみです(笑)。
 千葉県の「ちーば君」が可愛い表情と無邪気な格好で微笑ましいですね♪
 

 るい君地方は随分、雪が積もりましたね。
1年ぶりの雪で、るい君、さくらちゃんも顔を合わせて戸惑い気味かな(笑)?
Posted by 愛パパ at 2015年02月08日 20:15
★愛パパ さま

えっ、愛パパさんお詳しいのですね。名称も応募されたのですね。愛香姫とはまさに愛ちゃんの名前ですね〜(笑)。今いちごはあまおうやさがほのか、紅ほっぺ、とちひめ、ロイヤルクイーンなどたくさんの品種があって地域間競争が厳しいですが、愛香姫のネーミングはステキなので今のうち商標登録をしていたほうがいいかも〜(笑)。

ゆるキャラも各県、市町村がそれぞれ持ってたりしてあまねくありますが、ぐんまちゃんは全国一になったのはたいしたものです。かわいいですものね。ウチにもぐんまちゃんのぬいぐるみがありますよ☆

1月末の雪はるい家地方では地面が白くなるほどに積もりました。わんぱく公園の様子は次回UPするので見てね〜♪
Posted by るいママ at 2015年02月08日 20:47
いよいよ本格出荷になったのですね。
こちらで知ってから…去年?一昨年?
品種改良は農家さんたちの毎シーズンの積み重ねと聞きます。
いずれ大阪でも見られるのかなぁ。
何だか感動しちゃうかも?!
Posted by ごま at 2015年02月11日 13:34
★ごま さま

ごまさんよく覚えていただいてありがとう〜☆
スカイベリーは一昨年から試験販売されていましたが、今年から本格出荷となりました。
スカイベリーは県のいちご研究所で開発されましたが、農家では今までの品種“とちおとめ”とは栽培方法が違うので苦労もされているようです。

大阪は福岡県の“あまおう”や長崎県の“さちのか”、佐賀県の“さがほのか”など九州勢が圧倒的に強く、栃木県のいちごは関西まで流通していないようです。スカイベリーを大阪の方々にも食べてもらえるといいな〜☆
Posted by るいママ at 2015年02月11日 14:58
うーん、残念!そういえば、九州方面の名前のイチゴが多いかも?

ぜひ全国区の人気になって関西にも来てほしいものです。
そっか…農家さんは大変だけど…
Posted by ごま at 2015年02月12日 11:37
★ごま さま

関東も九州勢が攻め込んでいますが、いちご王国栃木としては水際でスカイベリーで反撃開始です。江戸城冬の陣だったりして(笑)。

そして反転攻勢してスカイベリーで大阪冬の陣で勝ちたいですね(*^-^*)
Posted by るいママ at 2015年02月12日 22:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/3963919
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック